ディーリングFXと塚田さん

ディーリングFXを提供している塚田さんについて

 

ディーリングFXの公式ページを見てみると、塚田さんのご挨拶、とプロフィールが出てきます。
ディーリングFXとグーグルすると一番上に塚田さんのブログも出てきます。
まだお若い方なので、心配になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

公式ページは見て頂くと分かるのですが、塚田さんが山梨在住の20代の青年で、仕事で行き詰ってたため、FXで成功した、と書いてあります。
少々、乱暴なまとめ方ですが、大筋はあってます。

 

ブログを見てみるともう少し細かいプロフィールが載っています。

 

 

トレードと複数のビジネスをされている、とのことで、専業トレーダーというより実業家のようですね。
トレードを初めたきっかけはブラック企業に勤務し、先輩たちを見ていて未来予想図が絶望的だったことのようですね。
そして株式取引から始めてFX取引に入っていき、今に至る、とのことです。
もちろんたくさんの失敗はした、とのことですが、その辺りはそこまで詳しくは載っていないですね。

 

 

上記のプロフィールだけ見ると、世の一般的と言われる常識とズレているのとも思えますね。
その場所が辛くてもそこで我慢する、や甘えを言っているだけだ、という意見もあるでしょう。
実際に結果を出しているから良いですが、これで結果が出せていなかったらタダの大風呂敷を広げている人、みたいな扱いになってしまう可能性もあったと思います。

 

 

webで調べてみると失敗している人も相当いるのがFXです。

 

家を担保にいれたり、矯正決済続きで破産寸前までいったり、6億増えのお金が30万に、、、

 

割とヘビーな話ではありますが、金銭的な損失でしたら、やり直せば良いです。
再起には相当な精神力が必要なのは言わずもがなですが、まだ命はあります。

 

ですが、実際に命を絶ってしまった人達もいるのがFXの怖いところです。

2014年のりそな銀行の社員の話はニュースにもなったのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
顧客から1億5千万円を集めて大半を損失にしてしまい、自殺してしまったというニュースです。

 

また、逮捕されてしまったりしたら、人生のやり直しもなかなか難しくなります。

こちらも2014年の話ですが、伊藤忠の社員が自身のFXでの損失を補てんするために会社の金を約7億ほど横領したのが分かり、逮捕されたというニュースがありました。

 

 

実際にFXに対してはこういったイメージを持たれている方も多いと思います。
FX取引をする際にはしっかりした勉強をする必要がある、というのは当たり前の話です。
しっかり勉強していれば、このような恐ろしいことにはなる可能性は低いというのもまた事実です。
FXで成功している人は相当しっかりと勉強しています。

 

 

ディーリングFXの公式ページはこちら